支援内容
(a)共同研究
科学的、技術的、実用的価値が高い研究開発課題は、ユーザーと山口大学とが共同で研究を行うことができます。
(b)機器利用
ユーザー自ら機器を操作する場合や支援員がユーザーの補助を行う場合などのケースがあります。
ご利用になる場合は微細加工支援室の支援員にご相談ください。
装置の性能維持、コンタミ防止の点からご利用になれない場合があります。
(c)技術補助
支援員が補助を行いながら、ユーザーが機器を利用することができます。
(d)技術代行
ユーザーの依頼により、技術代行いたします。
(e)技術相談
微細加工技術・真空技術の相談に専門家としてお応えいたします。なお、ご相談いただいた課題に対する本学の支援が難しい場合は、他の機関を紹介することもあります。
(f)人材育成
社会人向けの公開講座(特別講座)「真空技術の基礎と応用(講義・演習・実習)」を毎年開講しています。
真空初級者向けのコースカリキュラムも開発中です。
→ 山口大学公開講座 真空技術の基礎と応用
山口大学技術相談窓口
微細加工ナノプラットフォームコンソーシアム
ナノテクノロジープラットフォームホームページへ
山口大学公開講座-真空技術の基礎と応用
広島大学ナノテクノロジープラットフォームプロジェクト
香川大学微細加工プラットフォーム
FAIS微細加工プラットフォーム
山口大学